応募書類作成のポイント|貿易の仕事をするなら英語は必須科目|クールに働こう

貿易の仕事をするなら英語は必須科目|クールに働こう

応募書類作成のポイント

履歴書

どのような形で作るのか

職務経歴書のフォーマットは基本的には自由形式でも良いことになっています。ただし、別途で会社が指定するフォーマットがある場合にはそれに従った形で職務経歴書を作成する必要があります。記入方法を手書きで行うかPC入力で行うかについては様々な意見があります。一般的には履歴書と違って、職務経歴書の記入はPC入力でも問題無いと言われています。どの方法で記入を行うかという問題よりも職務経歴書の内容の方が重要で、これまでどのような企業で、どのような仕事をおこなってきたのか、自分の得意とする業種や分野などを上手にアピールすることができる内容に仕上げることがポイントになります。職務経歴書は採用選考においても重要なウエイトを占めています。

書類選考を通過するために

職務経歴書のフォーマットや書き方などについてはインターネット上に参考となるひな形などが多数公開されています。それらのひな型を上手に活用することは特に問題はありませんが、そのまま流用する行為は控えるべきです。採用選考を担当する人事部などには多くの履歴書や職務履歴書などが集まるため、担当者の印象に残らない画一的な職務履歴書のフォーマットは逆に不利になります。分かりやすく見やすい職務履歴書を作成することで人事担当者の印象に残りやすくなり、採用面接の第一の関門である書類選考を突破することが出来る可能性を高めることにもつながります。応募する企業の社風や業種などにあった職務履歴書のフォーマットにすることも重要な点です。